上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

ランスクエストが一旦終了して本でも読もうかと思った矢先にマリオカート7が飛び込んでくる間の悪さ。

『面白い小説とは、あらかじめ面白い概念を知っている読者にしか読めないものだ。』この一言だけで満足してしまった、某寺山修司も同じようなことを言ってましたし、やっぱり自分のレベルを上げていかないとね、ゲームばっかりやっている場合ではないす。

文庫サイズが手にしっくりくるというのは激しく同意できます。 自分も基本文庫派ですけど今溜ってきている積み本の中に珍しくハードカバーが2冊も交ざっている奇跡的な状況、とりえあずこの年末年始にどれだけ消化できるかが勝負。

四季のあとがきはどこで読めますか。
2011.12.17 Sat l 読書 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。