上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

もう一生届かないかと思った。

◆仮面ライダースカル メッセージforダブル
仲良し4人組のコントが久し振りで懐かしくてよかった、なんだかホッとした。 仮面ライダーアレルギーって身内が仮面ライダーで固められている亜樹子所長ならではのアレルギーですね。

荘吉メインの昔話みたいで主要キャラの若かりし姿もちょいちょい出てきたりサービスも充実で楽しかった。 しかしなかなか壮絶だったスカル誕生物語、相棒に裏切られてスパイダー・ドーパントになって結構な大量虐殺してるし、そのスパイダー・ドーパントの呪いも倒しても解けなかったみたいで娘にも触れられない体になってしまうと。 でもショベルカーに挟まれながらの電話はシュールで面白かった。

◆仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望
12月ごろってどの時期のオーズなんだろう、後藤ちゃんや里中くんなんかはかなり初期っぽかったし、所持メダルもバランスよく各1枚ずつ持っていたし想像つきにくい。 それにしても映司もちゃんとバイトしていたんだ、小金はいるんですね。

もはや映画限定のガタキリバも拝めたし、バース初登場は伊達でも後藤ちゃんでもなくノブナガだったのも面白いし、なかなか珍しいものだらけでした。

この内容をみる限り鴻上会長はかなり黒い人ですよね、それがあの着地になるなんて1年は長いね。

◆MOVIE大戦CORE
東映のロゴが素敵なカラーリングになっていた、凄い。

全編通してアンクの出番があまりなかったのに最後は腕アンクでの登場なんて忙しかった時期なのか。 腕アンクを見て翔太郎はかなり驚いていたけど腕アンクとは初対面だったのか、まああんな地下で怪人の腕に会ったら驚きますよね。 そういえばオーズって決め台詞なかったですね、これに触発されて作らなかったのか映司は。

ダブルの面々は結婚式でハッピーエンドだったのに、映司は地球の内部を通ってブラジルへ行って知世子さんとサンバって、はしゃぎ過ぎ。
2011.10.11 Tue l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。