上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
10枚目。

◆タトバ
本当のオーズはメダジャリバーとメダガブリューの2刀流で完全体のウヴァさんを圧倒、最後の最後でライダーキック炸裂かと思いきや真木博士のおかげででやはり不発と、最終回なのにね。 しかし暴走されそうになってきたのに最後なのに見苦しくウヴァさん逃走、でも結局暴走、ある意味ウヴァさんラスボスなんですね、感動。

鴻上会長と真木博士の対話、鴻上会長がきちんと欲望を肯定する人だった、裏で暗躍する黒幕的な人じゃなかったんですね、今まで疑ってきて申し訳ないです。 今日が明日になるのも欲望か。

アンクが帰ってきて映司比奈ちゃんと3人でデート、でも3人とも胸に秘めるものを持ってデートに胸が締め付けられます。 いろいろ思い悩んで比奈ちゃんが2人の手をつないで並ぶシーンは涙なくしては見られません。

◆タジャドル
ウヴァさん本格始動でまずは屑ヤミーを大量生産、ウヴァさと言えば屑ヤミーですしね。 鴻上トリオの最後の見せ場も必要ですし、里中くんの凛々しい姿を見るのも今回で最後なんてさびしいね。

キヨちゃんに自分の格好をさせて知世子さんの元に置いてきた真木博士、終末を迎える準備を終えてオーズと対決。 鴻上会長に貰った大量のセルメダルを投入して渾身のメダガブリューの一撃も耐えた真木博士、そんな真木博士に対抗するために最後の手段で紫のメダルを使おうとする映司を止めて、なけなしの赤のメダルを渡して消えるアンク、ヒビの入ったコアメダルを見て現状を把握するもアンクの意思をくんで最後の変身をする映司にグッときました、「タカ、クジャク、コンドル」をアンクが叫ぶのも本当反則だ。 きっちり7枚ある紫のメダルをタジャスピナーに入れてアンクと共に戦うのもラストバトルらしくて格好良かった。

ウヴァさん撃破してメダルがなくなって落ちていく映司に差し伸べられた手は仲間たちの手だったと、自分だけの手だけでは遠くに延ばせなくても手をつないでいけばどこまでも届かせることができると、その最初に掴んだ腕がアンクの腕だったんですね。 そんなアンクは命を欲し、そして命を手に入れるとは死ぬことができるということで、アンクの欲望が叶ってよかったよかった。

また旅に出た映司とアンク、ハッピーバースディ。

いくらこれは演出とは言えやりすぎです、グッときた。
http://www.tv-asahi.co.jp/ooo/medal/index.html
2011.08.28 Sun l 仮面ライダーOOO l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。