上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

しかし奇妙なサーカスがTSUTAYA DISCASにないと嘆いていましたけどよく調べてみたらありました‥まさかアダルトカテゴリだったなんて、これでは園子温ファンを公言できませんね。

これは凄いね、一応愛のむきだしから入って園子温が好きで色々と観てきて好印象を持って挑んでもちょっと‥‥な映画でした、もちろん面白かったんですけどただ人に勧められるかどうかは悩んでしまうと。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
宮崎ますみが演じた尾沢小百合や三ッ沢妙子が素敵なんです、12歳の娘の前で犯されて入れ替わって娘が犯されるのを目撃してその娘が自分と重なり、また母になりきって自叙伝を書いているかと思えば自分の話だったりとよく分からない状況が延々と続きます。 結局娘なのか母なのかもやもやしてるととんでもない方向から娘が現れるし、クライマックスの盛り上がり方は尋常ではありません、いしだ壱成が思いの外熱かった。

合間合間で挿入させるサーカス・遊園地の雰囲気がいいのがまたしてやられます。 エクステのときもそうでしたけど、今作もこの子役は大丈夫かと色々と心配になったり、身体改造に近親相姦やら虐待とインモラル満載な映画ですからね、R18なのに子供出しちゃ不味くないすか。

さすがアダルトカテゴリだけあったエロかった、冒頭から犯され続ける尾沢小百合とその娘、ちょっとした事件が起きて尾沢小百合とその娘が使い物にならなくなったら若い娘たちを取り巻いて取っ替え引っ替え犯りつづけるあの親父のパワーはもの凄く尊敬します。
2011.02.11 Fri l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。