上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

ああリアルタイムで観に行けばよかった。

◆ミュージアムはお休み
復活怪人は色々と基本、ルナジョーカーのマキシマムドライブって初披露ですよね、うねうねしたり分身したりルナってやっぱり変なメモリ。 ダブルが持っているメモリのドーパントが相手ということで当時かなりワクワクしていた思い出があります、結局観に行かなかったんですけども。 しかしやっぱりルナ・ドーパントが色々と持って行きすぎ、うねうねしたり分身や雑魚大量生産にオカマとルナって凄いメモリだ。 ヒートの太ももも素敵だった、マリア杉本の乳と共にこの映画を華やかにしていました、ありがとう。

◆仮面ライダージョーカー
待望の仮面ライダージョーカー、いつも二人なのに一人で変身しなければならないから結局は物悲しい雰囲気は拭えないんですけど、メモリが使えずに変身できないピンチに一人変身してフィリップを助けにいく翔太郎は格好よかった、1号2号を彷彿とさせるシンプルな必殺技も素敵。 それにしてもロストドライバーを届けに来たスカルって何だったんだろう、ロストドライバーは残っているから幻覚じゃないですよね、あれは誰?

メモリを封じられて生身で戦い続ける竜くんが格好よかった、亜樹子所長に言い残したセリフもともすれば死亡フラグになりかねないのに無事生きて帰ってくるし凄い、まあ剣は重かったり軽かったりしてましたけども。

◆仮面ライダー
今までこちらが有利だと思われていたメモリの数で上回ったエターナル、でもメモリの数云々ではなくて街の人たちがいるから仮面ライダーなんですよね、今まで守ってきた街の人たちが仮面ライダーの名前を叫んで、その声が風を呼びその力を受けてベルトが回りサイクロンジョーカーゴールドエクストリームになんて熱すぎます、ああ燃えた‥燃え尽きました。 やっぱり仮面ライダーの名前は大切なんですよ、エターナルが仮面ライダーを名乗ったときに軽々しく名乗るなと吠えた翔太郎の気持ちがよくわかります。

そんなわけでラストバトルは豪華でしたよね、ぽんぽんテンポよくフォームチェンジを繰り返して全てを披露、こう見るとこのテンポのよさは今のオーズでは真似できないダブルの売りですね。 特別出演の映司もまだキャラが固まっていない状態でしたね、初々しい。 やっぱりルナ・ドーパント、というか須藤元気は反則だ、嫌いじゃないわ嫌いじゃないわが耳に残ってしかたない。
2011.02.11 Fri l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。