上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

TVシリーズは未視聴なんです、だから気がつけば増えている仲間たちのキャラをほとんど把握しない内に終了、もったいないかも。

OGSでスパロボ卒業(休学?)したのにいまだにこういうのを観るとスパロボではどういう風になるんだろうと想像して楽しくなってしまいます。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
◆紅蓮篇
前にこれだけを単品で観て若干続きが気になっていました、せっかくなので螺巌篇と続けて観ようと再視聴。 相変わらずの良作の熱血ロボアニメ、最後の手段のグレンガラン初合体シーンがとても好きです、本当に気合いでなんとかなるんですね。

アニキ死亡から四天王との大決戦の流れはついつい繰り返し観てしまったほどの燃える展開、シモンの大口上は何回聞いても燃えすぎてやばい。

◆螺巌篇
あの引きからの楽しみにしていた螺旋王との対決がいつの間にか終っていた、まさかのダイジェストにビックリ。 成長した仲間たちに過去のライバルや敵ボスが仲間化と燃える展開てんこ盛りなのにどうも紅蓮篇ほど楽しめなかったのはスケールがインフレしすぎてついていけなかったの原因かも、二度三度観ると印象も変わるのかも。

あれだけスケールが大きくなって最終的に銀河より大きくなって?正直訳が分からなくなっていっていました、アークグレンガランまでは意味が分かるんですけど超銀河グレンラガンから天元突破やら超天元突破やらなんなんだと、これは考えるじゃなくて感じるんですね。 でもあそこまでいっていたのに最後は生身での殴り合いになったあたりはさすがです。

しかしヨーコのさげまんっぷりには何と言っていいのやら。
2010.11.26 Fri l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。