上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

とりあえず上下巻同時発売に胸を撫で下ろす、大丈夫だとはわかっていましたけど世の中には不条理なことが大量に転がっていますしね、上巻なだけにあっさりと。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
久し振りの玖渚友登場、それに伴って過去のチームの一人兎吊木垓輔も登場。 最後の最後でこれがミステリだったことを思い出されるかのように殺人事件が発生。 密室?

基本的に鈴無さんと同意見なんですよ、どうも不幸な自分に酔っているとしか見えないんですが、過去が明かされていくごとに納得できる理由があるんですかね。 どんな理由でも天才多過ぎて基準がどこにあるか訳分からなくなっている今なら、どうでもいいと投げ遣りになりそうな感じですが。

哀川潤が登場しなかったことに不満を抱いているこの気持ち、恋?
2008.10.19 Sun l 読書 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。