上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

普通に面白かったけども。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
川村ゆきえ演じるあっけらかんとしたキャラクターの吸血少女が意外とかわいかったと、さばさばした感じが吸血鬼っぽくてよかったんじゃないかと。 しかし富良野けい子の最終形態が酷かった、生身のときはゴスロリ制服で最強にかわいかった乙黒えりも変形を重ねるたびにえらいことになっていく様が今作の見どころ。

正直リストカット部とガングロ部の件はいらないんじゃないと思っていましたけど、後半でまさかの伏線回収に吃驚した、清水崇も無駄に組み込まれているしね。

血塗れは血塗れだったけどもそんなにグロくもなくB級映画にしてはけっこう爽やかなイメージ、しかし肝心のエロシーンが皆無なのがとてもとても残念。
2010.07.31 Sat l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。