上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

心をこの世に残しつつ死の際に立った男が愛する女と交る―と、一ヶ月後にその女胎を裂いて男が再誕する。 妖界凄絶の忍法「魔界転生」。 血風の中に甦る大剣鬼は天草四郎を筆頭に、宮本武蔵、荒木又右衛門、柳生但馬守‥‥。 背後で操る森宗意軒と由比正雪。 紀伊大納言頼宣をそそのかして天下を大乱に導くか!?

前回のユージニアを読了して次の講談社文庫発売日まで2週間あるから、2冊ぐらい読めるだろうと高を括ったのが失敗、少しペースを上げないと今月は戯言シリーズの発売月だから、最悪中断あるかもね。

あまり日本史が得意ではない自分でも知っている人たちが満載な今作、バガボンドのおかげもありますけど、その分宮本武蔵の最後に少しショックがありました。 前半の人物紹介での有名所がわんさか登場していたのに誰が主役かとヤキモキしながら読んでましたけど、今出てきた人たちが全員敵だと知った時のワクワク感は異常。

とりあえずまだ半分なのであっさりめで。 ひとつ不満をあげるならエロ成分が少し足りない。
2008.10.10 Fri l 読書 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。