上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
う~ん、面白いと言えば面白かったような。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
敗因はたったひとつ、煽りすぎと言いますか、それを信じて馬鹿正直に期待しすぎたと言いますか、まあ要するに期待しすぎです。 雰囲気はよかったんですけどね、本当に終わりなのかと少しあたふたしたエンド後の演出とかは面白いと思いましたけど、吃驚ポイントはラスト一回だけだったっていうのは正直少し厳しいですね、変に大きな音を鳴らして驚かそうとしないだけまだいい感じだと思いますけど、中弛みが結構きつかったですね。

低予算の映画としては秀逸だけど、なぜかいつの間にか最高傑作の映画と掏り替わっていたのが自分でも不思議です、何気なく観に行ければおそらく勝てると思える映画。
2010.02.14 Sun l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。