上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
相変わらずの遊び心が満載されていました、便乗狙いの0巻を配布していることからあれですし。

TVシリーズの前のお話なんですね、総統が大家さんに犯される衝撃のシーンやフィリップがまだ下っ端のままだったりと、となるとTVシリーズの続きはいつ描かれるんでしょう、まあのんびり楽しみにしながら待ちましょう。

博士の動く城のクオリティが凄いと思ってましたけど外注だったんですね、あの城が出ている間凄い勢いでバジェットゲージが減っていくのに物凄くドキドキしてしまいました、それにしてもあの着弾シーンは‥。 しかも今回ゲージを逆手に取った必殺技が炸裂していましたしね、プロダクト・プレイスメントとバジェットゲージのコンボは最高す。 ワイプでCMにもやられましたね、気にしない気にしないと頑張れば頑張るほど異様に松平健に目が行ってしまうあのいやらしさ、クライマックスなのになんてものを仕込んでくるのかと。

今回初の目覚しタイムにあらすじタイム、そしてタイトルコールと一筋縄にやらないのはもうお約束ですね。 レオナルド博士の正体もきっちり綺麗に纏めてきましたし、あとはもう少し吉田君の活躍があればよかったのにと、前作の吉田君を見ているから今回は少し物足りませんね。

島根の扱いが相変わらずとても素敵、皆に忘れられるだけじゃなく日本からなくなっているし、石川県の先っぽについているし、太平洋を漂流しているし、博士の動く城に対する秘密兵器は島根だったし、いやはやもう何にも言えません。

そういえばスーザンボイルって初めてきちんと聴いた。
2010.01.18 Mon l 秘密結社鷹の爪 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。