上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

去年からの宿題読了。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
凄く静かな立ち上がり、お供三人が何もせずに死んだときにはどうなることかと思いましたが、結局そのままのなだらかな感じに物語が進んだことに少し驚く。

お縫と鮎姫の二人の愛憎劇が印象に残り、最後に一番おいしいところをさらっていった水戸黄門のインパクトに隠れた主人公の葵悠太郎、なんという影の薄さ大爆発なんでしょう。 それよりなによりエロ要素が皆無なのことをどうしようかと、いい意味でも悪い意味でも今まで築いてきた忍法帖のイメージというより山田風太郎のイメージを覆された作品。 個人的にはエログロが多めな方が好きですね。
2010.01.03 Sun l 読書 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。