上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
思ったより面白かった、確かに何が良いのか問われれば答えにくい気がしますけど、いいものはいいでいいじゃない。

はっきり言えば雰囲気を味わう映画なので思いっきり人を選ぶと思いますけど、そこにはまれば間違いなく最高に楽しめると思います、と当たり前のことを書いてみます。 自信があれば是非観に行って欲しいですね、しかしなぜこんなに世間に知れ渡っていないのかが不思議です。あまり宣伝していないとはいえ、もっと口コミで広がってもいいんじゃないかと思います、あと1・2週間と今更ですけど微力ながら広げられればと思って。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
完全に見事に大人向けのアニメですねトトロのいないトトロと誰かが言っていたような気がしますが、すごく言い得て妙だと思います。

新子の想像力に憧れます、田舎だから何もなくつまらないんじゃなくて、田舎に何も感じることをできなくなったことをもっと恥しいと感じるべきなんですね。 昔と今の混ざりかたの表現がこれまた良くて、最初戸惑っていた貴伊子が最終的に諾子になれるまで適応できたことが羨ましくもありますし、新子の師匠であの年まで想像力を磨き続けたおじいちゃんにも憧れます。 でも想像力では対応できない現実もあるんですよね、新子とタツヨシが叫びながら駆け抜けるシーンを観て何気に花とアリスの告白シーンを思い出した、なんとなく匂いが似ている気がします、自分勝手な相乗効果で自分勝手により昂ってしました。 となると花とアリスが観たくなってきた、そうだ借りよう。

このエンドロールは最高でした、この物語を締めくくるには問題なく後味最高に仕上げてくれました、ああ気持ちよかった。
2009.12.06 Sun l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。