上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

凄い耳に残る歌、FISH STORY。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
原作は未読、伊坂幸太郎って正直小説はどうなんだろうと思うときもあります、でもこの人の映画化されている作品に外れが今のところないっていうのもある意味凄いことなんだろうと思うようになってきました。 ええダメです油断していました、凄い気持ち良い映画でした、なんとも言えない爽快感は確かにありましたね。 ルート225の監督なんですね、少しチェックしようと。

どこのセガールだと突っ込んだり、泣きじゃくる多部美華子が可愛かったりしたシージャック、凄いはっちゃける感じだったけど面白かった。

しかし空白の一分間がよかったですね、あの一分間に想いを放ったヴォーカルにあの演出にしたマネージャー、あとの時代に流れるつまらない噂に深夜のドライブで流れてしまったテープ、そしてその後に僅かながらでも続いていく物語。 物凄い青春していた逆鱗のその後はどうなったか気になったりもしますけど、夢物語はどこかに繋がっているんですね、それだけでも何か少し救われた気がします、週末にのんびり観れば良いじゃない映画。
2009.10.30 Fri l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。