上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

うんこれは面白かった、最後の最後まで気づけなかった悔しさ、安易なヒントがなく1周では真実にたどり着けない感じがイイです。 ちなみにこれに限らずこのブログでは考察ではなく感想をだらだらと書き続けているだけなので、真実を求めたい人はちゃんとしたところに行ったほうがいいと思います。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
これは‥もしかしてひょっとすると映画に続くの? とりあえず今作では復讐サイトの案件のひとつの復讐劇でしかないっていうことでいいんすか? DVをドキュメンタリーで追っているジャーナリストへの復讐をドキュメンタリーで追っているのが映画か‥、一番近いのが名古屋で10月中旬でレイトショー、大阪は未だ未定か‥。

とりあえず今作の感想。 左右の違いは基本じゃまいかと、やたら変な名前も直球なのに見事にスルーしたしね。 映画関係なしにまとめると、過去のイジメを取材した古茂田、そのときも今回と一緒で助けるどころか助長させて火事まで発展そして死亡。 その復讐をするためにDVを餌に古茂田にヘルプ、まんまとやってきた古茂田は今回も静観にやらせとどうしようもなささを発揮、結果執行。 でも復讐主は誰なのか? 偽嫁はどうせ偽名だろうけど年齢的には丁度過去の事件にも関わってそうだし、シエロと共犯なのかシエロに依頼したのか。 シエロも古茂田におそらく恨みがあるだろうからと、復讐サイトを気にし始めるとどうしても妄想にしかならないような気もしますね。

その古茂田を監視しているシエロがまた怖い、こっそり映りこむのはやめて欲しいです、しかも仮面だしね。 初DVを見物している古茂田を車の外から眺めているシーンでは本気でビクッとしてしまった悔しい。 なんかもやもやとした雰囲気といい求めていた放送禁止に再び出会えた感じです。

マスコミがマスゴミを批判? だから映画へ真実を持ち越したのか? 映画でこのシリーズも終了なんすか? ああ観たい。
2008.09.19 Fri l 放送禁止 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。