上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
(c)2008 オメガ・プロジェクト


変態‥。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
◆上巻
4時間って長いなと思いながら観始めるもあっという間に上巻終了。

ユウ君が変態に目覚めるシーンを延々と語っていたのは面白かった、真っ当に進んでいき目覚めきちんと成長したユウ君をある意味尊敬します、あんな修行でも信じて突き進んで行くことで極められるんですね、感動。 そんな覚醒の最後はヨーコとの共闘シーン。 しかし女子高生が制服でひらひら舞いながら戦うシーンはいいね、華があるね、これはユウ君じゃなくても目覚めるよきっと。

愛しすぎるが故にオカマ掘ったカオリ最高。 正直最初はなにこのビッチなんて思っていましたけど、ヨーコ引き連れてくる重要なポジションですし、自分に正直と言いますか意外にこの人凄いですよね、映画のタイトルを地で行くキャラっぽい。

このいやらしい体ですいませんと言えなんて、板尾‥なんてハマり役。 そして取り巻きの右の子の方がかわいいと思いますコイケ。

いやしかしあんなにちらちらしていたのに、不意の風に吹かれて恥かしがりながらスカートを抑えるしぐさがいい、とてもいい。 サソリを想い悶々としたり、激しく毒づいて暴れたり、サソリと不意に出会い乙女モードに入ったり、とりあえずころころ変わるヨーコが素敵。 とてもベタな転校生イベントが起きて収まるどころか激しく膨らみつつ下巻へ。

◆下巻
こうしてみると上巻てたんなる登場人物紹介だったんだと気付く、物語が急変する怒涛の下巻。 変態に目覚めたユウ君がさらに駆け上がって男優にまでなっているのに驚いた、その内伝説の盗撮マニアとしてネットで語り継がれるんだろうね。

初めてのお食事会?でユウ君のことを見て蔑み毒づくヨーコがたまらなくセクシー、本当にユウ君のことが嫌いなんだ。 てか自分の携帯の番号を渡していたのかユウ君、それはあとでややこしくならないかと心配していた。 まぁそんな心配を吹き飛ばすタイミング最悪のサソリのネタバレもあって段々怪しい方向に。

あんなに恰好良いと思っていた盗撮シーンもこうやって客観的に見てみると普通に気持ち悪いね、演出って恐ろしい。

最終的にカルト宗教対変態に落ち着いたのが面白く。 コリントスの第13章を暗唱するヨーコの空恐ろしさ、最後まで歪んでいたコイケの愛、ヨーコを助けるために逝ってしまったユウ君、ここまでやっておいて一体どうなるんだろうと不安にさせていてのあのラスト。

顔出しでビデオに出ていたユウ君に驚きましたけど、それを観ているヨーコがせつない、色んな表情を見せてくれたヨーコですけどここからラストまでが一番セクシー、やっと答えにたどり着き本音を全てぶちまけてユウ君を救おうとする姿がたまりません。 あっちの世界から帰ってこられる変態パワーって凄い、ああ変態最高。
2009.08.22 Sat l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。