上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
(c)2009 劇場版「ディケイド・シンケンジャー」制作委員会

豪華絢爛。

根拠も何もないのに絶対面白いはずだと思い込んで観て来ました。 結果それを上回るものがそこにありました、これは今年ベストといっても過言じゃない面白さです、必見。

まずは最強のライダーを決めるというライダーバトルから始まりましたけど、そこにイクサが混じっていたのが何気に嬉しかった、主役ライダー限定と思い込んでいたところにイクサ登場で引き込まれました。 それにしても相変わらず美味しいポジションですねイクサ。

何が面白かったって鳴滝が危惧していた通りにディケイドが本当に世界の破壊者だったことが衝撃でした。 もちろんどうせ言葉のあやで最後には綺麗に終わるんでしょうとずっと思っていましたから、この展開には度肝を抜かれました。

鳴滝・士と共に海東もテレビとは反対の立ち位置で活躍していたのも印象に残っています、きっちり美味しいところを持っていっていますしね。 確かにディケイドをファイナルフォームライドさせられるのはディエンドしかいないですからね。

そしてユウスケ、あれだけ常に空気だった男があそこまで盛り上げてくれるなんて、これを計算されてのあの存在感のない演出だとしたら、もう何もいえません。 でも欲を言えばもう少し圧倒的でも良かったような気もしますけども。

夏海の士拒否も含めて、シリーズを最初から追いかけてきて良かったと思える出来でした。 本編の最終回がどうなるか分かりませんけど、それを観た後にもう一度観てみたいですね、寧ろ映画に続く的な最終回でも最悪いいですよこの際。 最後の飾りっ気のない士の笑顔が印象に残りました。

問題のオールライダー揃い踏みですが、何て言いますか当たり前ですけど豪華過ぎます。 ディケイドとディエンドのピンチに現れるあの集団、体の心まで震えました。 しかしモモタロスの優遇されっぷりには頭が下がります、ディケイドディエンドと三人ならんでファイナルフォームライドをぶっ放すし、最後にエールまで送るし、次の電王の劇場版で忙しいらしいですし。

サービスで次の仮面ライダーWまで登場、しかもシャドームーンを圧倒して去っていく通りすがり加減が素敵。

オールライダーの一斉にライダーキックでの突撃や、ディケイドのファイナルフォームライドに戦闘員爆弾と見所満載の映画でした、お祭りお祭り。 
2009.08.09 Sun l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。