上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

感動の最終巻。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
上中巻で盛り上がり箇所は全て終わってしまったかのような静かで淡々とした展開が続いて少し焦ったり、和気藹々の団欒が続いたりともしかしてこのまま緩い感じで終わるのかと頭を過ぎった前半部。 もし万が一そのまま終わってしまってもきっと好意的な解釈をしていたと思いますけどね。

きっちり借りを返して見せ場を作り、盛り上がりを見せつけてくれる哀川潤の特殊能力の欄には主人公LV2でもついているんでしょうきっと。 哀川潤も言っていたように多少ご都合主義でもハッピーエンドで良かったと思います。

でもまだまだサイドストーリー的な物語も沢山あるんでしょうね、この戯言シリーズで全ての伏線が回収されるなんて夢にも思ってないですし、さぁどんどん出してください、ずっと待ってます。

さて、いーちゃんの本名は?
2009.06.17 Wed l 読書 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。