上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
(c)2005 「ルート225」パートナーズ


多部未華子がマイブーム。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
◆マッチョ男前すぎ
これは‥意味を求めてはいけないんですよね、おそらく空気感を味わう映画です。 しかしこの姉弟の掛け合いがたまりません、弟の守ってあげたくなる存在感といい、姉のコロコロ変わる表情態度といい、微笑ましいです。 多部未華子の何が良いって声が好き、声が好き。

親との決別の電話のシーンは最高、この姉弟の真骨頂が見られます、ソファーの伏線?回収といい必見です。

しかしまさかの帰れないエンドとは‥14歳から15歳になって爽やかに終っていったかのようにも思えますけど、鬱エンドとしても捉らえられますよね。 そもそもA'の世界の親子四人はどこへ行ったのかとか、本当は弟は違う弟と入れ替わっていたらとか妄想し始めると止まらなくなります。 本気で帰ろうとしておばさんが出てきたときのリアクションといい、地味に色々と楽しめる映画です。
2009.05.20 Wed l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。