上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

はいはい、メタミステリメタミステリ。

これから以下ネタバレです、未見の方はご注意を。
犯人が何とも言えないんですけど、作者が犯人とか読者が犯人とか変り種のミステリも多少読んできましたけどこれは‥どうなんでしょう。 しかし捻りすぎじゃないですか、六話ぐらいまで最後にどんなどんでん返しが来るのかと楽しみにしていて、正直期待していたのは全部同一犯の殺人でしたから、これには‥ですね。 パラドックス学園を先に読んでしまった弊害じゃないかと思うようになってきています。

純粋にミステリの歴史や分類の解説書には持って来いだと思います、確かにミステリのすべてがわかるような気もします。 それにしても本格ミステリ度MAPの右上に法月綸太郎がくるとは‥‥‥、反面一番左下にはまだ手を出していない作家の名前があります、これはこれで気になりますし、読んでみようかと思っただけでもこの本の本来の役割を果したんでしょうね。
2009.04.15 Wed l 読書 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。