上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
(c)2007 FEVER OREAMS. LLC.


オープニングからHow toが無駄に面白い、なぜふんどし親父なのか、なぜズームしたのか意味がわからないが面白い、ある意味これがこの映画の本質ですよと言わんばかりのはじけっぷりが面白い。 どうせ中盤ぐらいまで大丈夫だと高を括って昼飯(カツ丼)食べながら観始めたけども、まぁ見事に最初から飛ばしてくれましたこと。

求めていたのはエログロナンセンスなので、細かい突っ込みは無粋ですよね。 アメリカ逆輸入の映画らしいですし、寿司・天ぷら・忍者・刀・正座諸々と、ああ日本ってこういう感じを期待されているのねと楽しめます。 どこかオカシイけどもそれを最後まで貫き通すと、これはこういうものだと普通に受け入れている自分が楽しいですね、久し振りに面白いB級映画に出会ってしまった。

しかしもう少しエロ成分があってもよかったんじゃないかと、せめて生きているうちにやろうよ、とかね。 でも基本的には期待以上に面白かったです、無骨な古臭いマシンガンとセーラー服少女の組み合わせが結構きました。 赤と白とのコントラストを楽しみましょう。

次の東京残酷警察を楽しみにします。
2009.01.18 Sun l 映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。