上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

40周年。

そろそろオールライダーも食傷気味、メインだけじゃなくてサブのライダーも勢揃いはそこそこ燃えたけども、やっぱりオールライダー無理矢理全員出してのバトルは見慣れ過ぎて新鮮味がなくなってきましたね。

映画オリジナルのタマシーコンボも一瞬すぎましたよね、もう少しアクションを、あとせめてキックをしてほしかったです。

さらっと翔太郎とフィリップが出ていたのはよかったです。

ナオキはそのままでいいとしてもその他世界の状況はそのままでいいのかとかこのままじゃ比奈ちゃんとかオーズの世界はどうなるんだとか、タイムパラドックス物に真剣に突っ込むものどうかと思いますけど、小難しい話でどうこうするより勢いで纏めたのはむしろこれでよかったんじゃないかと思います。 それでもガチで突っ込むとすれば、過去に落としたメダルを1分前に拾いに行かずに映司&アンクがイマジンと接触する前に倒してしまえば全て丸く収まったと。
スポンサーサイト
2012.01.09 Mon l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

フィリップ翔太郎亜樹子所長に続く竜くんの物語。

◆照井竜
新婚ほやほやなのに所長って竜くんらしいと言えば竜くんらしい、しかもこれが後々に響いてくる展開がまた素敵。 初っ端から無駄に生身でのアクションシーン満載だと堪能していたらいきなりアクセルメモリ盗られてずっと生身だった竜くん、一瞬仮面ライダーであることを忘れそうになる、チャイナ服のお姉さんと戦っていたシーンがまさにそうでした。

こんなところで刃野刑事が本気を出していた、昼行燈キャラが本力発揮すると燃えますね。 リリィ白銀再び登場に感謝感謝、きっちりステージ衣装に身を包んでのシーンは萌えた。

◆仮面ライダーアクセル
長らく引っ張っていて最後でのアクセル登場も、ここに至るまでにすでに竜くんがボロボロになっていたためいきなりピンチの連続だったアクセル、そこでのアクセルブースターの誕生はまさにクライマックス、空中戦は格好いいな。

再び竜くんの過去をテーマにもう一度描いたことに色々と考え深いものがありました、最後まで所長で通して名前を呼ばなかった竜くんに幸あれ。
2011.10.15 Sat l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

もう一生届かないかと思った。

◆仮面ライダースカル メッセージforダブル
仲良し4人組のコントが久し振りで懐かしくてよかった、なんだかホッとした。 仮面ライダーアレルギーって身内が仮面ライダーで固められている亜樹子所長ならではのアレルギーですね。

荘吉メインの昔話みたいで主要キャラの若かりし姿もちょいちょい出てきたりサービスも充実で楽しかった。 しかしなかなか壮絶だったスカル誕生物語、相棒に裏切られてスパイダー・ドーパントになって結構な大量虐殺してるし、そのスパイダー・ドーパントの呪いも倒しても解けなかったみたいで娘にも触れられない体になってしまうと。 でもショベルカーに挟まれながらの電話はシュールで面白かった。

◆仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望
12月ごろってどの時期のオーズなんだろう、後藤ちゃんや里中くんなんかはかなり初期っぽかったし、所持メダルもバランスよく各1枚ずつ持っていたし想像つきにくい。 それにしても映司もちゃんとバイトしていたんだ、小金はいるんですね。

もはや映画限定のガタキリバも拝めたし、バース初登場は伊達でも後藤ちゃんでもなくノブナガだったのも面白いし、なかなか珍しいものだらけでした。

この内容をみる限り鴻上会長はかなり黒い人ですよね、それがあの着地になるなんて1年は長いね。

◆MOVIE大戦CORE
東映のロゴが素敵なカラーリングになっていた、凄い。

全編通してアンクの出番があまりなかったのに最後は腕アンクでの登場なんて忙しかった時期なのか。 腕アンクを見て翔太郎はかなり驚いていたけど腕アンクとは初対面だったのか、まああんな地下で怪人の腕に会ったら驚きますよね。 そういえばオーズって決め台詞なかったですね、これに触発されて作らなかったのか映司は。

ダブルの面々は結婚式でハッピーエンドだったのに、映司は地球の内部を通ってブラジルへ行って知世子さんとサンバって、はしゃぎ過ぎ。
2011.10.11 Tue l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

蠍座O型はNEW電王か、普通。

恋人と結婚にむいているライダーが違うのは微妙にリアル、しかし何故女性限定?別に男には当てはまらないのか。

◆結婚を許してもらえ
映司は比奈さんをお嫁さんにくださいを言うだけの役、コントのさなかにキョトンとする比奈ちゃんは可愛い、基本的に武力行使に走る系が好みなのか比奈ちゃん。 しかしジェネラルシャドウの一人称はシャドウなんだ、なかなかキモ可愛い。

◆少年ライダー隊を救え
比奈ちゃん緑色は何のコスプレなんだろう、ピーマンに擬人化? 仮面ライダー真は色々な意味でやばかった。 アポロガイストってライダーなのか?と驚いていたらやっぱりライダーじゃなかった、これはみずがめ座AB型は苛められるよね、危険だ。

◆どっちが主役?
キバットってまた懐かしい。 映司はともかくアンクのはっちゃけぶりが面白いです、メ~モ~メ~モ~。

◆ライダーの主張
ドラスってオリジナルじゃなかったんだ、確かにZOより目立っていた。

◆ラッキーアイテムはこれだ!
なんだこのショッカーによる家族コントは、オーズ主要キャストがあまり出てこないですね、ただ単にライダーやショッカーの人がふざけるものになってきているような。

◆ラッキーフードはこれだ!
ここまでくると「君だけの運命のライダーをさがせ!」のコーナーが若干鬱陶しくなってくる、正直イラッとする。

◆ラッキーカラーはこれだ!
オールクウガ。 アイスを連呼しながらアイスを取りに行くアンクは可愛い、でも青は似合わない。

◆カードで勝負!
映画にテレビシリーズにと大忙しなんでしょうね、結局ほぼライダーとショッカーだけでコント状態だった、イレギュラーな40周年記念作品のネット版ですからね。 それと正直そろそろオールライダーは食傷気味かも。
2011.08.15 Mon l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

ああリアルタイムで観に行けばよかった。

◆ミュージアムはお休み
復活怪人は色々と基本、ルナジョーカーのマキシマムドライブって初披露ですよね、うねうねしたり分身したりルナってやっぱり変なメモリ。 ダブルが持っているメモリのドーパントが相手ということで当時かなりワクワクしていた思い出があります、結局観に行かなかったんですけども。 しかしやっぱりルナ・ドーパントが色々と持って行きすぎ、うねうねしたり分身や雑魚大量生産にオカマとルナって凄いメモリだ。 ヒートの太ももも素敵だった、マリア杉本の乳と共にこの映画を華やかにしていました、ありがとう。

◆仮面ライダージョーカー
待望の仮面ライダージョーカー、いつも二人なのに一人で変身しなければならないから結局は物悲しい雰囲気は拭えないんですけど、メモリが使えずに変身できないピンチに一人変身してフィリップを助けにいく翔太郎は格好よかった、1号2号を彷彿とさせるシンプルな必殺技も素敵。 それにしてもロストドライバーを届けに来たスカルって何だったんだろう、ロストドライバーは残っているから幻覚じゃないですよね、あれは誰?

メモリを封じられて生身で戦い続ける竜くんが格好よかった、亜樹子所長に言い残したセリフもともすれば死亡フラグになりかねないのに無事生きて帰ってくるし凄い、まあ剣は重かったり軽かったりしてましたけども。

◆仮面ライダー
今までこちらが有利だと思われていたメモリの数で上回ったエターナル、でもメモリの数云々ではなくて街の人たちがいるから仮面ライダーなんですよね、今まで守ってきた街の人たちが仮面ライダーの名前を叫んで、その声が風を呼びその力を受けてベルトが回りサイクロンジョーカーゴールドエクストリームになんて熱すぎます、ああ燃えた‥燃え尽きました。 やっぱり仮面ライダーの名前は大切なんですよ、エターナルが仮面ライダーを名乗ったときに軽々しく名乗るなと吠えた翔太郎の気持ちがよくわかります。

そんなわけでラストバトルは豪華でしたよね、ぽんぽんテンポよくフォームチェンジを繰り返して全てを披露、こう見るとこのテンポのよさは今のオーズでは真似できないダブルの売りですね。 特別出演の映司もまだキャラが固まっていない状態でしたね、初々しい。 やっぱりルナ・ドーパント、というか須藤元気は反則だ、嫌いじゃないわ嫌いじゃないわが耳に残ってしかたない。
2011.02.11 Fri l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

まだ劇場版観ていないんですよね、早く送ってきて。

◆シュラウドの仮面ライダーアカデミーを開いたら・・・生徒亜樹子
所長ってあの格好意味もなく似合いますね、しかし生徒役なのに女子高生スタイルじゃなくてちびまる子ちゃんスタイルなのが所長たる所以すね。 こんなところにオーズが出張していたんですね、しかしなんでこの組み合わせなんだろう。

◆刃野博士と真倉助手のガイアメモリ研究所
ビーンのメモリがグロすぎる、恐ろしいってお金がかかりすぎるかと思ったら普通にグロかった。 クイーン&エリザベスのコスプレが酷かった、というより全体的にコスプレが酷かった、瀬戸君のモノマネも酷かった、もちろんいい意味で。 ヨガで無駄にCG使っていたのにUFOは普通に吊るしていたギャップが面白、ところで京都って何?答えが出なかった。

◆霧彦の部屋 THEトークリベンジ
若菜姫の無駄にセクシーな衣装が素敵、胸の谷間に釘付ける。 ぬいぐるみや人形といいときどきすごいチープになりますよね、愛されているね霧彦。 さすがにお父様は出ないんですね、残念。

◆絵心バトル IN鳴海探偵事務所
仲良し4人組のお絵描きバトル、これは竜くんの一人勝ちだと思います、へたうま過ぎ。 主人公組なのに若干味気ないと感じたけど「悪夢なのH」の完全版を観たらガラッと印象が変わった、これはいいな楽しそうだ、長いから仕方ないけどせっかくの主人公たちなんですから絵心バトルぐらいは全て完全版を観てみたかったです。

◆ドーパント開業医 井坂深紅郎
確かに直接戦闘タイプより変な能力を持っている変化球タイプの方が好きですけど悪食すぎるよ。 PR集で変なのキターを連呼する井坂は面白い、まあこの人は本編のときからどこか変でしたからしっくりしすぎてやばい。
2011.01.28 Fri l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

レンタルで懐かしむ。

◆仮面ライダーディケイド完結編
久しぶりに観たけども相変わらず格好良くてなんだかホッとした、あのピンクピンクした縦型はやっぱり素敵なんです。 そして今更ながらディケイドに物語はないの意味がなんとなく分かったような気も、今観てもなんら変わらず入っていけるのがディケイドのいいところなんでしょうきっと、電王ほどとは言いませんけどたまに観たいね。

吹っ飛ばされながらの続くが今観ても笑えます、ここだけ観てもやっぱりディケイドは凄かったんだと。

◆ビギンズナイト
ああおやっさんは渋すぎて死にそう、そういえば鳴海壮吉の依頼人はシュラウドだったんですね、シュラウドならって一言だけで色々納得できそうですけど、本来シュラウドはフィリップと誰をWにするつもりでダブルドライバーをおやっさんに託したんでしょう、おやっさんとフィリップだと渋すぎて困ると思います。

◆MOVIE大戦2010
整列ファイナルフォームライドもそうですけどやっぱりWのファイナルフォームライドですね、どうしても鳥肌が立ってしまいますよあれは、思えばまだWが始まってそこそこで分裂してジョーカージョーカーにサイクロンサイクロンって、ここでこれをやったらファイナルフォームは三人合体とかしかないんじゃないかとかいらない心配していましたね、懐かしい思い出。
2010.08.14 Sat l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲

はっちゃけるにもほどがある。

◆陳情
こんなことを言うと問題あると思いますけど改めて見ると夏みかんって激烈にかわいいですね、きっちりふとももも露出していましたし。 キバから続けて見ていましたから当時は別に普通だと思ってましたけど、Wから遡って見てみるとやっぱり違うなとしみじみと思ってしまった、ヒロインは大事だ。 イクサは女性ライダーにカウントされないんですか?どちらにしても後に仮面ライダーに変身できた夏みかん、よかったよかった。

◆ファッションチェック
あの4人の会話ってある程度素なんですかね、ものすごく楽しそう。 ディケイドのあの視界は犯罪ですよね、これであのアクションをこなすなんてスーツアクターって半端ないですね。 あれはイカデビル?

◆運動会
ものすごい勢いで士に切れていたユウスケが面白かった、夏みかんの苦笑いに止める海東とコンビネーション抜群だ。 ボクは子供のころスーパー1自転車でした、手袋も持っていましたけど本編はまったく覚えていないんですよね、どちらかというとやっぱりブラック世代。

◆5択問題
台詞を噛んだ永徳がかわいいのはいいんですけど、ガムを噛みながら睨みをきかせつつ現れる高岩さんが怖かったり。 美尻というよりもっこりが気になる。

◆ライダークイズ
ボクも1号と2号の見分けはできません、しかし黒いスプレーしか持ち合わせがなかったからってそれを使うなんて、どれだけ大らかな時代だったんでしょう。 ユウスケのはっちゃけ振りが目に付きだしました。 別フォームもカウントしだしたら本当にどうなるんだろう?ディケイドで大変なことになりそうですよね、ディケイドでそれぞれのライダーにフォームチェンジして‥そこからさらにフォームチェンジして‥ネズミ講式に増えていきそう‥。

◆変身!
鳴滝さんはいったい何をしているんだろう、これでディケイドが嫌いになって次元を越える力を手に入れたんじゃね。 アマゾン変身完全版を見てみましたけど、あんなに何度も本気でアマゾン連呼していたらそりゃ筋肉痛にもなりますよね。 キャラを出した変身のバリエーションって本当奥が深いですね、しかしガタックの伏線をこんなところに使ってくるなんて、恐ろしい。

プラモを作りながら観ようと思いましたけど、あまりにもアレだったので見入ってしまい全く手につきませんでした。 ディケイドはやっぱり面白いですね、気軽に観られることもあってついつい二周してしまった。
2010.02.21 Sun l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲
どのカテゴリで書こうかと迷ったけどやっぱりディケイドに。

◆仮面ライダーディケイド完結編
久し振りのディケイド、相変わらず格好いいね、ベルトにカードを差し込むアクションとあの声が相俟って最高に燃える。 そして今まで傍観者だった夏海がやっと変身、ガブっとしない変身ポーズはともかく参加できてよかったねと言いたい。

結局オリジナルのライダーはなし。 平成ライダー集合でも全員ノーマルフォームでだったので盛り上がりに欠けるなと思ってました、ディケイドもずっとノーマルで引っ張ってましたし、でもそこからクライマックスでディケイドのコンプリートフォームに変身と同時に仲間達にも力を分け与えて一斉に最終フォームに変身は燃えすぎて困った。

怪人倒してでっかいメカが登場してディケイド達がピンチに陥ったところでまた次回に続くが挿入‥映画館でチビッコたちが一斉に「えっ!?」と声を揃えていたのが印象的でした、きっとテレビで最終回を観ていたときも同じリアクション取ったんだろうなと想像すると少し楽しい。

しかし士があっち行ったりこっち来たりユウスケがあっち行ったりこっち来たり海東と夏海もぶらぶらで正直よく分かりません、スーパーショッカーもなしで純粋にライダーだけで決着つければとか色々思ったり。 結局劇中でも渡が語っていた通りディケイドには物語はないってことで強引に色々納得しようとします、雰囲気は最高に格好いいのは間違いないですし。

◆ビギンズナイト
本編に向けて色々伏線張ってきましたね、次回登場のファングも一足先にお披露目されてましたし、フィリップが主体で翔太郎が気を失うなんて新鮮でよかった。 初めだけで何時の間にか蔑ろにされていそうなアクセルもまぁ楽しみに。

ビギンズナイトと謳っていたわりにはビギンズナイトは回想のみでしかも少しだけだったりと少し不満ですけど、ポイントはフィリップ救出の依頼人ですよね、スカルやWのドライバやガイアメモリは園咲家とは関係なさそうでしたし、これからの依頼人に期待。

とりあえずおやっさんの帽子プレイが渋すぎて困ります、スカルに変身してもかぶってるしね、帽子が似合うようになりてえ。

◆MOVIE大戦2010
ライダー達がみんな仲良く並んでファイナルフォームライドして空中戦を繰り広げてたなんてこれって仮面ライダーなのかと不安になるぐらい面白かったですけど、それ以上にきたのがWのファイナルフォームライドですよ、まさかの分裂ですよサイクロンサイクロンとジョーカージョーカーですよ、CMで分かれていたので知ってましたけどディケイドによって分けられたのに意味があるんですよね、燃えすぎて死にそうでした。 それにしても改めて分かりましたけどファングにしろスカルにしろ分裂にしろCMってネタバレしすぎですよね、もう少し楽しみを残しておいてほしいです。

しかししかししかしイカデビルがガイアメモリの力で変身させられていたなんてぐうの音も出ない展開。

ともあれ今となってはあんなふざけた終り方されてよかったと思えるようになりましたね。 これだけ引っ張っただけあった出来だと思います、テレビが普通に終っていたらきっと観に来なかったでしょうしね、半ば意地になって待ち望んで観に来たところもありますし。 ただ次もまたやらかしたら許せませんけどね。
2009.12.21 Mon l 仮面ライダー・映像作品 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。