上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

感動の最終話。

前作のバスターマシン3号からしてそうでしたけど最後に使う兵器は結局そこに落ち着くんですね、自然の惑星パワー。 「本土決戦用特別攻撃最終質量兵器 地球」に待望のダイバスターも登場と、相変わらずデカイな。 普通に地球と同じ大きさのダイバスターが素敵。

せっかく本音を吐きだしてこれからって肝心なところであがりでトップレスでなくなったラルク、大ピンチに陥るのかと思いきやバスターマシンは普通の女の子でも操縦できるんですよで大逆転、そう努力と根性。 ああバスターマシンは腕組みがよく似合う。

しかしずるいよ最後の帰還、あの娘たちを出迎えるシーンは鳥肌が収まらなかった。 でもあんなに会いたかったあの人が帰ってくるのにノノはいないと、どうなんだろう、もっとハッピーエンドでもよかったんじゃないかもと。
スポンサーサイト
2011.03.26 Sat l トップをねらえ2! l top ▲

ノ‥ノ‥リ‥‥リ‥コ!?

ニコラがあがりでトップレスじゃなくなった、それに抗おうとノノを襲うも未遂に。 凄い深々とした雰囲気の前半部、前回の事件でトップレスが危険なものとして認識されて隔離治療されてと思ってたより熱い展開になってないというか真逆をいく展開に少し戸惑う。 努力と根性はもう流行らないのか、トップレスじゃないとバスターマシンに乗れないし、これ観終ったら1に戻ってみようかな。

新たな変動重力源が発生してバスターマシン7号出撃、ディスヌフと共同戦線を築いて元気玉よろしく雷王星をぶつけるも効かず、最後の手段として特攻前にノノがどっか行っちゃったと、歌が流れないエンディングに次回予告と色々妄想しろってことですね。

すごい目が綺麗なお爺さんだったね、余計なビーム発射して邪魔してたけどあの人はなにも悪くないと思ってしまうほど透き通ってた目が印象的だった。
2011.02.25 Fri l トップをねらえ2! l top ▲

最近サービスシーンが少ない、水着でプールで戯れるぐらいじゃだめ。

伝説のバスターマシンのようで実は本当の宇宙怪獣?だったよく分からないモノが現れて大暴れして、これまたよく分からいままの双子やらモブのトップレスやら宇宙怪獣のようであったけど実はバスターマシン?だった群集を惑星ごと破壊して、ああこのインフレ具合がトップだなとワクワクしていたら続けざまに伝説のバスターマシン7号が覚醒してさらによく分からない状況に。 しかし最終的にノノがバスターマシンに乗って大暴れじゃなくてバスターマシンそのもので大暴れするなんて、これではイナズマキックも撃てたのもある意味納得。

もう何も考えずにバスターマシン7号の活躍を堪能すればいいじゃないと開き直る、ダイバスターとやらもまだ登場していないし残り2話もこれ以上の盛り上がりを期待して。
2011.02.08 Tue l トップをねらえ2! l top ▲

いきなりバスターマシン消失、でも死ぬぐらいの緊迫感ぐらい欲しい。

トップレス大集合でも当たり前のように全員把握できず、というかそんなにバスターマシンいるのかと、31体しかいないのは多いのか少ないのかよく分からなくなります。 

そんなチコメインの回。 新型バスターマシンをチコとノノで奪い合うんですが、最終的に叱咤激励してチコに譲り渡すノノのやさしさがいい、おかんみたいだ。 なんだあの萌え萌えなバスターマシンはと毒づいていたけどバスタースマッシュを放った辺りからよかった、マイナス1兆2千万度のケレン味溢れる温度設定が素敵だ、そんな熱量物理的に存在しないと突っ込むのも素敵だ。

これで折り返し地点、そろそろダイバスターに軽く触れはじめてもいいんじゃないでしょうか、どんなバスターマシンなのか楽しみ。
2011.01.20 Thu l トップをねらえ2! l top ▲

初っ端から入浴シーンで抜かりなし。

てノノは普通にロボットなんですか?生身であんな無茶は東方不敗クラスじゃないとできないですけども、特に前話では特に言及されてなかったある意味重大な秘密をあっさりバラしてもいいのかと逆に不安になったり。

あの音楽とともに腕組みで登場の演出はやっぱりどうしても燃える。 結局単騎でも倒せるじゃんとバスターマシン・ヴァンセット、バスターマシン同士の共同戦線は次回のお楽しみに。

なし崩し的に念願のトップレスに見習いだけど入隊して続く、トントン拍子ですね。
2010.12.28 Tue l トップをねらえ2! l top ▲

2004年ってそこそこ昔なんですね。

2時間の映画を観るのがきびしいならと30分程度の楽に観られるものを借りてTSUTAYA DISCASの月8本レンタルを消化してしまえという本末転倒な選択をしてみました、おとなしく月4本に変えるべきだと思ってますけどなんかどこかの意地が引っかかります。 こないだのグレンラガンで少しスイッチが入って前作のトップも大好きだったというところで借りてみます、もちろん未視聴なのでこれからしばらくネタばれ回避を頑張ろう。 時代設定はいつなんだろう?前作と繋がりがあるのかとか楽しみに。

ちょいちょい流れる燃えるBGMがいい、結構昔のことなのに体は覚えているものなんですね。 懐かしいBGMと共にバスターマシン・ディスヌフ登場、なかなか無骨なデザインでおっさん成分はロボで補完しろってことなのかな。 トップレスを勘違いして乳丸出しになり宇宙怪獣相手に大暴れのノノ、生身で大気圏突破して宇宙にいたり稲妻キックをかましたりと色々と訳ありそうな感じでいいんじゃないでしょうか。
2010.12.04 Sat l トップをねらえ2! l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。