上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

12番目。

マリーダはプルトゥエルブだった、まだプルシリーズが現存していたんですね、しかも戦争が終わった後はそういう店でマスターと知り合うまで働かされていたなんてどこの世界のファティマなんだの半生を送っていたみたいで、彼女には是非ともよき終末を過ごしてほしい。

やっぱり素晴らしいMS戦、今回もあったユニコーンvsシナンジュが前回と違いユニコーンが圧勝していたり新型のデルタプラスや初めて動いているのを見たスタークジェガン等々もよかったけども、新型だけじゃなく旧型のMSも満載なのが凄い凄い素敵、まだドラッツェが現役だったりドライセンでがっつりユニコーンと戦っているのをみて軽く震えました、これはぞくぞくします。

そして今作もあっさり人は死んでいくんですね、ダグザがさっくり焼かれたりギルボアがさっくり貫かれたりと相変わらず容赦ないな宇宙世紀モノは、でもこれがガンダムなんですねこれが。
スポンサーサイト
2011.11.19 Sat l 機動戦士ガンダムUC l top ▲

やっぱり間隔が開くときつい。

前回の続きでいきなりユニコーンが動く動く、よく分からないままクシャトリアを退けてるってガンダムっぽい。

懐かしい固有名詞・地名がばんばん出てきてそれだけで楽しい、ネェル・アーガマってまだ現役なんですね、まあ新型をそんなにガンガン開発生産できるわけもないですね、新旧混合は燃える。 それにしてもあの声にあのセリフにあのスピードで赤い彗星って狙いすぎなんですけど、ミネバ様は順調にカリスマを発揮しているしあっちもこっちも周りに曲者揃いで楽しそう。

続いて勿体ぶらずにユニコーンvsシナンジュ、シナンジュの青い光とユニコーンの赤い光が綺麗だった、でもいともあっさり捕獲されたのは意外、そこからフル・フロンタルと対話があったけど結局シャアなのかどうなのかがあやふやなまま、続く。
2011.09.10 Sat l 機動戦士ガンダムUC l top ▲

ああガンダムだ。

シルエットがぼちぼち格好いいクシャトリア、ラフレシアとクインマンサを足して2で割った感じっぽい、なすすべなく散っていったジェガンはジェガンらしくていい、少し頑張ったスタークジェガンといい量産機はいいものです。 しかしジェガンにリゼルといい感じに渋い機体が揃ってますね、ここまでZの血が流れているのも感慨深いものがありますね。 最後に顔見せ程度にユニコーン出撃、いきなり光ってデストロイモードも発動したけど本格的な活躍は次回へ持ち越しね、お預け。

あの髪型はミネバ様?ミネバ様なのか、本当に大きくなられたものです。

色眼鏡で見ているからかもしれませんけども宇宙世紀ものはやっぱり面白そうです、一年戦争やネオ・ジオン抗争との繋がりがある言葉が出ると楽しいです、続きを忘れないうちに早く早く見たい。
2010.11.13 Sat l 機動戦士ガンダムUC l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。