上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
12年後の約束。

今年はアコースティックライブにヒラく宇宙ポケットのライブとある程度テーマが決まっていたライブが続いていたので、カウントダウンライブは結構ベタな曲がこないかなと期待して行ったら大正解でした。 ノリのいい曲満載で、一緒に連れて行ったにわかKOTOKOフリークの彼女でさえ全曲知っていた豪勢でベタなセトリでした、終始縦ノリで気付けば休憩するポイントがなかったなんて。 カウントダウン前後に盛り上がりがMAXになるのかなと油断していたら最初から最後までMAXだった、悪く言えば起伏がなかった振り切れっぱなしのライブでした、ああ疲れました。

その時期の体調やテンションで好きな曲が色々変りますけど、やっぱり最終的に戻ってくるのが「覚えてていいよ」なんですよね、ライブで聴くたびに実感します。 今年は「開け!ソラノオト」や「Light My Fire」等々ライブ映えする曲が生まれましたし、あとはこれらも熟成していって「覚えてていいよ」並みに一体感に包まれて盛り上がりたいですね。

賛否両論あるクイズコーナーはともかく、やっぱりもう少しライブを楽しみたかったですね。

なにはともあれカウントダウンライブで迎えた年をカウントダウンライブで越したのは中々感慨深いものがありますね。 とりあえず次は3月に向かって頑張ろう。
スポンサーサイト
2012.01.03 Tue l KOTOKO l top ▲

ライブであれだけ楽しかった曲がやっと手元に。

カップリングの「Candy or Chocolate?」がまた不思議な雰囲気の曲だった、どうせスルメかスルメじゃないのかと聴いているうちにハマってくるでしょう、いつも通り。 PVもきっちり格好いい系で見てて満足できました、そもそも前回の「TR∀NSFoRM」は完全にネタでしたからね、それからの起伏を考えると盛り上がって当然なんでしょうね、何にせよよかったよかったです。
2011.11.17 Thu l KOTOKO l top ▲
え~なんばHatch、なんばHatchに参戦。

アコースティックライブは日程が合わなかったので年末のカウントダウン以来約1年ぶりのライブでした、この1年色々ありましたけどやっぱり最高ですよ、少し様子見なんて偉そうな考えもありましたけど全て吹き飛びました、とにかく最高。 バンドメンバーも八木さん除いて一新してましたね、ギターはやっぱりある程度ノリノリの方が見ていて安心するのとまさかのグラディウスが面白かった。

比較的大きめな会場だったからかダンサーもいて華かやな感じに、『☆-未来-列車-☆』の時の満面の笑みで先頭を歩いてきた子が凄い印象に残りました、素敵な笑顔でした。 ちなみにその後の『beat』が一番きつかった、久し振りの体にアレは強烈です、いやいや完全に体鈍ってました。

強烈だったといえば『mirror garden』が色んな意味で凄かった、脳に直接響く歌声もさることながらダンサーが全員銀色の全身タイツで登場して顔も見えないから誰が誰だか分からない状態でのダンス、あの歌詞にあの歌声にあのダンスはとにかく凄い雰囲気を醸し出していました、まさに不気味でした。

次の新曲の『Light My Fire』もですけど新曲って結構ライブ映えする曲が揃ってますね、『thyme』『FLY TO THE TOP』で体を暖めておいて『being』からのシャナ3連続に『聞け! ソラノオト』の並びは極悪です、爆破も凄かった。 間にアンコールが入って『Princess Brave!』に『青いジープで』のセトリはまさにクライマックスでした、あれはアンコール挟まなければきっとふくらはぎは破裂していました、これは筋肉痛確定コース。 最後にテンションが上がりすぎてサイン色紙欲しくなってついついアルバムをもう一枚買ってしまった、縁起ものだしパンフレットしか買わなかったら袋貰えなかったからちょうど袋欲しかったしいいよね自分に言い聞かせながら。

今年のカウントダウンライブはまさかの地元開催に喜びつつも少し微妙な心境でした、去年みたいに遠征してついでに遊ぶまくるがZepp Osakaではできないですしね、ライブ前までは年末ぐらい遠出したい心境の方が勝っていましたけど、ライブ終わった今の状態ではカウントダウンライブ終わってから出発すればいいんじゃねな感じになってきてます、やっぱりライブはいいものですから出来る限り行きたいし、とりあえず申し込んでから当選してからの悩みにでも保留しておきましょう。

今日は気持ちよく寝られそう。
2011.10.30 Sun l KOTOKO l top ▲

心機一転でオール新作とは贅沢ですね。

もちろん初回版を購入したんですけど笑ってしまうぐらいあのパッケージの開けかたに戸惑った、なかなか斬新。 ざっと聴いて耳に残ったのは未来列車メーテルリンク青いジープでbeat開け!ソラノオトってほとんどですね、いつものようにどこにスルメ曲が眠っているか分かりまんし、大阪のライブまであと二週間弱ですしとりあえず暫くはヘビーローテで聴きまくろう。
2011.10.08 Sat l KOTOKO l top ▲

最強の「SHUFFLE ALBUM」。

KOTOKOが1曲ずつ入っている時点で購入することは決定していましたけど、それでも奥井雅美や榊原ゆいなど結構楽しみにしていた人たちもいました。 なんだかんだで榊原ゆいの「jihad」や桃井はるこの「ジェットスマッシュ!」がなかなか最強くさい、榊原ゆいの二面性に桃井はるこの直球具合がね。 「Double HarmoniZe Shock!!」の力強さもなかなかでしたけど、こう聴いたらカオリンもなかなかいいですね、何時もデュエットのときぐらいしか聴いてなくて少し申し訳ない気持ちになってみたり。

それにしても前のkeyのと合わせて3枚買って3曲ゲットですか、このままでは1曲のためにゲームを買う日もそう遠くないかも。
2011.07.30 Sat l KOTOKO l top ▲

World Link。

テーマソングがKOTOKOということで、どう考えても買うしかないですよね、袋小路で捕まった感じ。 でもI'veではなかったもよう、正直I'veだとかI'veじゃないとかどうでもいいと思っていましたけど、こうじっくり聴いてみるとやっぱりなんか少し違う気もしてきました、とりあえずファンとしては買っておかないとの義務感で。
2011.07.30 Sat l KOTOKO l top ▲
新キャラ登場。

積むとか積まないとか以前に完全に忘れていた、発掘したこのDVDの更にその下からグループ魂の実録15番勝負のCDも出てきた、これもまだ聴いてないや。 今年前半にあったライブに全く参加できなかったのでこのタイミングは逆によかったかも、とりあえず秋のライブにはできれば行きたい。

目玉はもちろん「blossomdays」この1曲のためだけに購入したと言っても過言ではないですよね、パラパラ。  そういえば「Lilies line」ってキュンキュンだったんですね、なんとなく意外だった。 しかしカオリンは弄られてこそ華なんですね、でもCPU発言はさすがに少し酷いかもと思いました、受け入れてましたけどいいのかそれで。

まあ最近クソ熱いのうえにクソ忙しい状態でしたからいい清涼剤になりました、明日からまた頑張ろう。
2011.07.16 Sat l KOTOKO l top ▲
DVDはまだ観てないの。

◆I've MANIA Tracks vol.III
マニトラなのにOuterさんが入っていないなんて、しかもマニトラ最終章らしいしこれはOuterさんのオリジナルアルバムを発売するしか。 おめあてKOTOKOは3曲だけと少し寂しい感じだけどDVDと同梱ですしね、どちらにしてもノータイムで購入するさ。 とりあえずマニトラ終わるのなら新シリーズを希望してみる。

◆VA Compilation CD Panorama Vol.2
もはやこれも同梱みたいなものです、今回は2曲も入っていて十分元取れた取れたと油断していたら1曲は既にマニトラに収録済みだったと、まあ世の中そんなものですね。
2011.04.22 Fri l KOTOKO l top ▲

もちろんMimosaのために。

それにしてもこれに限らず公式サイトで告知って全然ないね、CD発売されるまえにサービス停止している曰く付きのアレだから触れたくないのもわかりますけども、ゲームの主題歌までとはいいませんからせめて一般発売されて気軽に買えるCDぐらいは告知してほしい。 今日送られてくるまですっかりこの存在を忘れてました、何気なくこのCDの発売に気付いて忘れる前にamazonさんでポチっててよかったと、amazonさん様様です。

しかし残念なぐらいいい歌です、ライブで紹介するときどうするのかとか妄想すると楽しい。
2011.03.04 Fri l KOTOKO l top ▲
さすがに横浜は遠かった、往復1000km運転は軽く笑える。

綺麗に夏のツアーの曲を全て外してきました、1回限りなライブですけどもったいないセトリでした。 相変わらず3・4曲知らない曲があるのは本当にもう仕方ないの言い訳も毎度のことでゲーム系の曲がどうしても苦手です、早くコンプリートボックスが欲しいなと思いながら毎回まだまだだと実感させられます。 だからこそ復習してもう1度このこのセトリを楽しみたいと思ったライブでした、ああ幸せ。

久しぶりに「リアル鬼ごっこ」を生で聴きましたけどやっぱりこの曲は大好きです、あの高音を感じるとどうしようもなく気持ちよくなりますね、中毒性がやばす。

そして本当に「Sledgehammer Romance」が最高でした、これが聴けただけで横浜まできてよかったと思える名曲です、勝った。 正直イントロ始まって歌いだしてから気付いたんですけども、何だろうからの気付いたときのテンションの上がり具合が色んなものを突き抜けました、あとは「blossomdays」をどこかで聴きたいです、これからの人生の目標。

メインイベントのカウントダウンは残り5秒ぐらいまで微妙にずれててグダグダな空気になりかけたのが面白かった、一瞬あ~あな空気が会場を包み込んだ気がしました。

夏で主要曲を使い果たしてたから締めは「being」、この日はライブ終ってからが本番だったのでアンコールも1曲のみにメンバー紹介も名前だけで簡単にあっさりしていました、ベースがまた新しい人に変っていたのに特に弄られることなく終了。

2010年は今回を含め4回参加とそこそこライブイベントこなした1年でした、東京横浜と遠征できるようになったのが1番の収穫ですね、今年もKOTOKOに限らず遊びに行けるイベントにはできるだけ参加したいですね。 まずは来週のグループ魂が楽しみ、そして3月のCLUB PARTYってなにするんだろう?
2011.01.02 Sun l KOTOKO l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。