上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

ちょ‥エリック‥思い出に浸るのはいいけど一人忘れてる‥。

◆バベルの塔
ボスオンパレードはお約束過ぎるけども必要、とても必要、あるとないとでは燃え度数がかなり違います、でも相変わらず素っ気無いラスダンでしたけどね。 すい星には結構手こずる、ごり押しが出来ずにきちんと避けて攻撃のチャンスを待つのは性に合いません、面倒臭い。

◆16年越しの願い
やっと赤い宝石50個コンプリートしました、敢えて洒落た言い方をするならば、実に16年かかりました‥長かった。 しかしジェムの正体のなんですけど、最近ソウルブレイダープレイしたくせにいまいち覚えていないという体たらく、こんなヤツいましたっけ?

◆まとめ
凄く良質なジュブナイルなゲーム、これをそういう年代にリアルタイムでプレイしていたらそれはもう思い出補正もかかりますって話ですよ。 あのすれ違いエンディングが凄い好き、妄想の膨らむ余地がありすぎて楽しい。
スポンサーサイト
2009.05.15 Fri l ガイア幻想紀 l top ▲
あともう少し、ペース上げて行きまっしょい。

◆ピラミッド
折角シャドウになれたのにやたらとスピンダッシュじゃないと飛べない発射台を設置している嫌らしさ、ヒエログリフを取って入り口に戻ってセットし潜ろうと思ったらテムだったこと数度、ここでシャドウに変身しないと地下に潜れない理不尽さに辟易。 そんなにオーラの玉を使わないと進めない所がないのも面倒臭さを感じさせる要因ですよ。

そして久し振りのボス。 もう死んでいるのにきちんとアースクエイカーの麻痺が切れるまで耐えた律儀な女王が素敵。 いやでもしかしそもそも飛んでいるのに地震が効くって‥。

◆対ブラックパンサー
最初からあれだけ引っ張ってきたブラックパンサーとも決着。 しかしあれだけ忠告してくれていたのに頑なにカレンを町に放置し続けるテム、そりゃ拉致られても仕方ないね。
2009.05.07 Thu l ガイア幻想紀 l top ▲
いやしかしダークフライヤー強すぎ。

◆山の聖域からアンコールワット
山の聖域で帰り道が分からなくてリアルに迷う、どうやらテムに戻らないと駄目だったというベタなトラップに引っ掛っていたわけで、アンコールワットでも帰りは歩きだし、どうせ雑魚も殲滅していないことだし街まで送り届けてくれてもいいんじゃないかと思います。 しかしどちらでもボスが出てこず少し欲求不満状態に突入、パラメータ的にもそろそろ良い感じなのにその力が振るえないなんて。

それにしてもエリックは何時までついてくるんだろう、空気の読めない奴、この出歯亀め。
2009.05.01 Fri l ガイア幻想紀 l top ▲
◆海底宮殿からムー大陸
自分ってこんなに方向音痴だったかなというぐらい迷ったムー大陸、眠い状況でブラブラしていると今何処にいるのか分からなくなり適当に歩くと更に何処にいるのか分からなくなる悪循環と言い訳してみる。 バンパイア夫婦にも気持ち苦戦、強かったというより面倒臭かった感じです。 そしてまさかのモリスがリバイアサン化、衝撃の展開なのに全く覚えていなかったので結構驚いた。

◆万里の長城ぐらい
基本的に重い暗い話が多いのが好き、帰ってこない親父を待っている子供たちとか、久し振りに会った行方不明の親父が幼児退行とか、爽やかな冒険譚に見え隠れする微妙な黒さが堪りません。 
2009.03.19 Thu l ガイア幻想紀 l top ▲
◆空中庭園再び
仕方ないのでやり直してきた。

何故見逃したのかっていうぐらい普通にあったダークフライヤー、一応行き止まりの壁の奥に隠してあったけども、単純にそこにいたる通路の入り口を見逃していたぐらい問題外なミス、でも取り逃していたら進めないぐらい鉄壁にして欲しかったりも。

無事届かない敵を飛び道具で颯爽と倒し、サクサククリア。 坂道を駆け下りてジャンプで空中を駆け抜けるのは気持ちよかった空中庭園、裏表のギミックだけでよかったのに何故飛び道具じゃないと倒せない敵を配置するかなとやっぱり思いつつ、お約束の脱出時にドタバタ劇があって海底宮殿へ。
2009.02.25 Wed l ガイア幻想紀 l top ▲
まさかの展開。

◆空中庭園
なんて甘美な響きなんでしょう空中庭園、この名前の響きだけで三日はいけます、表と裏のギミックも楽しいしね。 しかもナスカの地上絵から招かれるという身も蓋もない展開が最高。

しかしまさかの詰まってしまってさあ大変、どうしても先に進めなくなって調べてみたら、見事に致命的なバグ情報の中に今の状態が載っているなんて。 ダイアモンド鉱山でダークフライヤー取り逃していたみたい、あんなにも頑張って坂駆け下りて岩避けていたのが無駄だったことの方がどちらかと言うと残念。 しかし当時そんなことなく普通にクリアできたのにねぇ、なんだろうこれは、レベルが上がったのか下がったのか。

仕方ないやり直すか‥。
2009.02.19 Thu l ガイア幻想紀 l top ▲
クインテット三部作の二本目、これだけ過去にプレイ済みなんですが、SFCで一番好きと言っても過言じゃないほど大好きなソフト。 当時どうしても集められなかった赤い宝石を何とかコンプリートしたいので、それだけリストをプリントアウトして準備万端に。 後は思い出に浸りながらのんびりプレイしたいですね。

◆漂流まで
インカの遺跡に行くために通り抜ける普通の山だと思っていたら、そこがインカの遺跡だったと。 毎日寝る前に30分ぐらいプレイしているんですけど、若干眠かったりするんですね、ちょっとあやふやになったり。

ソウルブレイダーの小ネタがちょこちょこ出てきて少し楽しい、ビットが無くなったのは淋しいけどね、当たり前だけど全体的に遊びやすくなってますしね、面白い。

いきなり赤い宝石取り逃す、黄金船に乗り込んで寝て起きて王妃の亡骸見に行ったらいきなりみんな漂流しだすし、仕方なくやり直したら結構戻っていたし、節約の為一日の終わりにしかセーブしないことが仇になってしまった感じ。
2009.02.14 Sat l ガイア幻想紀 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。